ヘッダー画像

五臓の病症 Category

肝の病症
,

肝の病症 肝の生理作用として「疏泄をつかさどる」、「蔵血をつかさどる」があります。 そのため疏泄が悪くなると気機の調節、脾胃の運化機能の調節、情動の調節などが障害されます。 また、蔵血が悪くなると肝の支配する目や筋の異常となってあらわれます。 目の症状としては視力低下、眼精疲労などがあり、筋の症状としては筋肉の引きつれ、萎縮などがあります。 肝気鬱滞 肝の疏泄機能が失調して起こる病症で、精神的なストレスを受けたり長期的に気分がふさがっていると起こります。 この病症は気鬱や気滞から精神状態に影響しさらに肝気鬱滞を起こすため悪循環となりやすい。 主な症状は精神抑鬱、怒りっぽい、胸悶、胸脇苦満、梅核気(のどのつかえ)があります。 肝火亢進 肝気の鬱滞が進行して化火し、その火が上逆しておこる病症です。 また、お酒やたばこ、辛い飲食物の取りすぎでおこるときもあります。 主な症状は頭痛、目の充血、いらいら、怒りっぽいです。 表裏関係の胆に火が移ると耳鳴り、口苦などの症状もあらわれることもあります。 また心神に影響すると心煩、不眠、多夢などの症状となります。 肝陰虚 肝の陰液が不足した状態なので虚熱となります。 原因として腎陰の不足、熱による肝陰の損傷、温熱病による陰液の損傷などがあります。 主な症状は脇痛、手足のひきつり、目の乾燥、さらに陰虚による五心煩熱、盗汗、口や咽頭の乾きなどがあります。 肝陽の亢進 肝の陰虚陽亢としてあらわれることがありますが、肝鬱、肝火から進行しておこることもあります。 また、肝腎がともに陰虚となり肝陽を制御できないと肝陽が亢進します。 本病症は陽の亢進であるため実証のようにみえるが、本質は陰虚です。 陰虚の症状のほかに、めまい、頭痛、耳鳴り、目の充血、いらいら、怒りっぽい、腰や膝がだるく力がはいらないなどの症状があらわれます。 肝血虚 原因として血の生成不足、過度の出血、慢性病による肝血の消耗などがあります。 肝の蔵血作用には血液の貯蔵と血量の調節の作用があるため、各臓腑、組織、器官に影響を与えます。 そのなかでも筋、目、衝任二脈、心神は肝血と密接な関係です。 主な症状は目の乾き、かすみ、脇部の隠痛、顔色萎黄、唇や舌質の色は淡白です。 また、不眠、多夢などの症状の他、四肢のふるえ、筋肉の引きつりがおこるものもあります。 月経の経血量はすくなく、経質は淡となり、閉経となるときもあります。 肝風 肝腎の極度の陰虚により陽を制御できない場合、また血の不足により筋の栄養不良、過度の肝陽の亢進などによりおこります。 主な症状はめまい、しびれ、ふるえ、筋肉のひきつり、半身不随となることもあります。

続きを読む

心の病症

心の病症 心の生理作用として「神を蔵する」、「血脈をつかさどる」があります。 そのため心が病むと精神活動や血液の循環の乱れとなってあらわれます。 また、心は顔であったり舌といった場所とも関係しているので、心が病むとこれらの異常となります。 なかなか「神」といってもピンとこないかもしれませんが・・・ 心が病むと感情面だとか精神面の異常となります。 具体的な疾患名を挙げると躁鬱病や意識障害などがあります。 舌の異常としては言語障害、味覚異常といったものがあります。 心気虚 心気が虚した状態ですので、現代的に言うと心のエネルギー不足ということになります。 症状としては動悸、息切れのほかにいわゆる気虚の症状がおこります。 心陽虚 長期にわたり心気虚が続く場合、また突然の重い病による陽の損傷などにより起こります。 症状としては心気虚の症状プラス陽虚の症状(畏寒、四肢の冷え)があらわれます。 心血虚 血が不足するために心が血の栄養を受けられない状態です。 症状としては動悸、息切れ、不眠、健忘、めまいなどがあります。 心陰虚 心の陰分が虚した状態なので虚熱が生じます。 症状は動悸、息切れ、不眠、五心煩熱、盗汗があります。 心火亢進 原因は五志の異常、六淫の邪気の熱化、酒やたばこ、辛いものなどの過剰摂取、温熱性の漢方薬の長期服用などあります。 症状としては動悸、胸部煩熱、不眠、うわごと、煩燥、尿赤。口腔炎などがあります。 心脈阻滞 心脈の流れが悪くなることによって起こる病症です。 原因として、心気虚や心陽虚のため血を推動する作用や温煦作用の低下や寒邪の収引性や凝滞性による血行障害、また痰濁や気滞のために心脈の流れが悪くなることがあります。 症状としては動悸、背部に放散する胸痛、胸悶(顔面青紫、冷汗)などがあります。

続きを読む

脾の病症
,

脾の病症 脾の生理機能は運化、統血をつかさどる、昇清作用です。 脾が病むと飲食物の消化、吸収、水分代謝、気血の生成、血の固摂など多方面への影響がでます。 また脾は四肢、肌肉、唇、口とも関係があるので、脾が病むとこれらに異常があらわれます。 脾が病む原因として「思い煩う」ことによる内傷があり、また外因では湿が脾にたまることで働きを阻害することがあります。 また飲食不節による内湿が発生することもあります。 脾気虚 消化機能の障害があらわれることが主であり、さらに胃気虚の症状をともなうと脾胃虚弱といいます。 原因としたは飲食の不節制、精神・情動の失調、労倦などでおこりますが、他の臓腑の病変が脾胃の機能に影響をあたえることもあります。 主な症状は食欲不振、泥状便、食後の膨満感であり、気虚の症状をともないます。 そして脾の機能が低下すると気血の生成が悪くなり、体がだるくなり、肌肉がやせます。 さらに胃、小腸、大腸が順調に働かないため、ガスがお腹の中にたまり、腹鳴がおこります。 水の運化が悪くなると、体内に水液が停滞して湿、痰、飲などの病理産物がうまれ浮腫を形成することもあります。 脾には昇清作用、統血作用があるため、脾気虚となると内蔵下垂、血便、血尿などがおこります。 脾陽虚 脾気虚に加え陽虚による虚寒症状をともないます。 そのため腹部の冷え、四肢の冷え、下痢といった症状もあらわれます。 また脾陽虚が腎陽に影響すると五更泄瀉などの脾腎陽虚の症状があらわれます。 逆に腎陽虚から脾陽に影響することもあります。 主な症状は腹痛、喜温喜按、畏寒、腹部や四肢の冷えなどです。 脾陰虚 陰虚であるため虚熱の症状である、舌質は紅、舌上の津液不足、舌苔は無苔や剥落苔となります。 主な症状として食欲不振、食後の膨満感、消痩、無力感などです。 原因として労倦内傷により生じることが多くあります。 脾胃湿熱 長期にわたり湿が脾胃にこもると化熱し脾胃湿熱を生じます。 また油っこい物や甘い物の偏食、お酒の常飲をしていると、脾胃の損傷と鬱熱の形成がおこり脾胃湿熱となります。 本病症は虚実挟雑証でありますが実証を主とします。 また、脾胃に湿熱が生じると除去されにくい性質があるため慢性化を招きやすい特徴があります。 主な症状は腹部のつかえ、膨満感、腹部の隠痛、食欲不振、嘔悪、口苦、口が粘るなどです。 脾胃の昇降失調 脾には昇清作用があり、胃には降濁作用があるので、このバランスが崩れることでおこる病症です。 昇清が悪くなると下痢がおこり、降濁が悪くなると嘔吐、噫気(あいき、げっぷ)がおこります。 他にも心下痞、悪心、腹鳴などの症状もあらわれます。

続きを読む

肺の病症
,

肺の病症 肺の生理機能は気と呼吸をつかさどっており、また宣発と粛降をつかさどっています。 さらに水の通りを整えて心血の巡りも助けています。 そのため肺が病むと、これらの生理作用が障害されます。 また肺は皮毛、鼻、声と関係がありますので、肺が病むとこれらにも異常となってあらわれます。 肺の宣発・粛降の失調 宣発とは体内の濁気を体外へと排泄させることで、粛降とは自然界の清気を吸入することです。 この機能が失調する原因には外邪によるものと痰湿の停滞があり、症状としては呼吸が不利となり、咳嗽、くしゃみ、鼻閉といったことがおこります。 また、濁気を排泄するための腠理が閉塞されると汗をかけなくなります。 肺気がつまる、上逆すると喘息や咳き込みといった症状があらわれ、水がつまると痰飲が停滞したり浮腫があらわれます。 一般的に外邪によるものは、これらの症状にプラスして悪寒、悪風、発熱といった表証の症状をともいます。 肺気虚 肺の生理機能が低下した病症であるため、衛表不固と津液の輸送機能の失調があらわれます。 原因として慢性の咳や汗のかきすぎにより肺気を損傷したり、脾虚により引き起こされたりすることでおこります。 主な症状は無力な咳嗽、喘息、少気、自汗です。 肺陰虚 肺の陰液が損傷することにより虚熱が内生し、粛降機能が失調して起こります。 原因として長期にわたる咳嗽、熱病による肺陰の損傷、燥邪などです。 主な症状は、空咳、咽頭の乾き、痰は粘りがあり量は少ない、五心煩熱、盗汗です。

続きを読む

腎の病症
,

腎の病症 腎の生理作用は蔵精、水液代謝、生殖、成長発育、納気をつかさどる作用があり、生命力の源である元気をもたらします。 腎が病むと精の外泄、水液代謝の失調、発育の遅れ、生殖機能の低下による不妊症、陽萎、呼吸困難などがおこります。 腎の病の原因は先天の気の不足、過度の房事、栄養の吸収不良、高齢、慢性疾患などがあります。 腎には「志」を蔵すると同時に、脳、髄、骨を養っているので、腎が病むと健忘症、腰痛、下肢に力が入らないなどの症状があらわれます。 さらに水液代謝の機能が失調すると尿の出が悪くなり、浮腫となります。 また納気作用が失調すると気が上に偏り、下に不足する病態になります。 他にも腎は耳、髪、歯、二陰とも関係があるので、腎が病むとこれらにも異常があらわれます。 腎精の不足 腎精が不足すると発育が悪くなり、性器の成熟および性機能に障害があらわれたり、老化が早まったりします。 腎精の不足にはそれがおこる時期により違いがあらわれます。 乳児期、幼児期であれば発育に影響して五遅、五軟がおこり、思春期では性器の成熟に影響をあたえます。 壮年期では性機能に影響を与え陽萎や不妊症がおこります。 また老年期では、腰や膝の軟弱化、歩行障害、難聴、老眼などの老化が早まります。 主な症状は発育の遅れ、性欲減退、早老化、耳鳴り、難聴、めまい、歯の動揺、健忘などです。 腎陰虚 腎の陰液が不足した状態であるが、陰虚としての症状より虚火の症状が多くあらわれます。 原因としては先天の不足、房事過多、過度の出血や脱液、驚きや恐怖などです。 主な症状として腰や膝の軟弱化、めまい、耳鳴り、五心煩熱があります。 腎陰は全身の臓腑、組織などの陰液の根源であるため、腎陰が不足すると多くの臓腑、組織に影響をあたえます。 そのため他の臓腑として合併症として、不眠、多夢、咽頭の乾き、便秘などを伴いやすく、また陰虚の症状である五心煩熱、盗汗、午後の潮熱なども生じます。 腎陽虚 陽虚であるため温煦作用、気化作用の低下があらわれ、精神不振、性機能の減退、生育能力の低下がおこります。 原因として老化による腎気虚、房事過多、先天の不足などがあり、他の臓の陽虚から波及するもの、腎気虚や腎精の不足から進行しておこることもあります。 主な症状は腰や膝の軟弱化と冷え、四肢の冷え、寒がり、下痢、不妊症です。 下痢は温煦作用の低下のため脾の運化作用が低下することでおこります。 また温煦作用の低下のため水をつかさどる機能が低下すると浮腫、尿量の減少がおこります。 腎気虚 腎の機能が低下した状態で腎気の固摂機能が低下しておこる腎気不固と腎気の納気機能がていかしておこる腎不納気があります。 腎気虚の原因として先天の不足、労倦内傷、老化、慢性の気虚などがあります。 腎気不固 腎気虚のため腎の封蔵機能が低下した病症で遺精、早漏、遺尿、小便失禁、流産しやすい、帯下などがおこります。 これらは腎気虚による腰や膝の軟弱化、耳鳴り、難聴をともないやすくなっています。 腎不納気 腎の納気機能が低下し、喘息や呼吸困難、息切れなどがあらわれます。

続きを読む

胆の病症
,

胆の病症 胆は脾胃の消化吸収の働きを助けています。 胆のこの生理機能は肝の疏泄機能により調整されているため、胆が病んだり肝の疏泄機能が失調すると、胆汁の排泄、貯蔵に障害となってあらわれます。 また中焦に湿熱があると悪心、嘔吐、口苦などの症状となってあらわれて、また胆汁が外へ漏れ出すと黄疸となってあらわれます。 さらに胆は決断力や勇気をつかさどっているので、胆気が虚すると不安感が強くなり、些細なことにも驚きやすくなります。

続きを読む

小腸の病症
,

小腸の病症 小腸の生理作用は水穀の受盛と消化、清濁の分別をおこないます。 虚寒病症は小腸の消化機能の減退、清濁の分別機能の減退としてあらわれます。 これは寒邪の侵入により、中焦の陽気が損傷したり、腎陽の不足のために温喣作用が低下するときにおこります。 症状は食後の腹脹、下痢、腹鳴などです。 実熱病症は湿熱が小腸や小腸の経絡にこもったり、心の経絡の熱が小腸に影響する場合があります。 症状として小便が赤くなったり濁ったり、また口舌の瘡、舌尖紅があります。

続きを読む

胃の病症
,

胃の病症 胃には受納をつかさどる、水穀を腐熟する機能があります。 そのため胃が病むと消化機能の異常となってあらわれます。 胃寒 胃寒には実寒と虚寒にわけられます。 実寒は外邪(寒邪)によるため、上腹部の冷痛となってあらわれます。 寒邪の収引性のため強い痛みとなり、実証のため腹部拒按となります。 虚寒には胃陽虚によるもののため上腹部痛の鈍痛、虚証のため腹部喜按となります。 胃熱 胃熱も実熱と虚熱にわけられます。 実熱は外邪(熱邪)によるもの、精神抑鬱によるもの、油っこい物や甘い物や辛い物の偏食によるものがあります。 主な症状として上腹部の灼熱痛、口臭、強い口渇、便秘などがあります。 虚熱は胃陰虚によるもので上腹部の違和感が主な症状です。 食滞 主な原因は脾胃の運化の異常、脾胃に寒が居座ることです。 症状として食べたくない、胸や胃がつかえて苦しい、呑酸、大便の酸臭、舌苔厚膩です。

続きを読む

大腸の病症
,

大腸の病症 大腸の生理作用は飲食物のかすを伝導することであるので、大腸の病変は主として排便の異常となってあらわれます。 代表的なものとしては、大腸の燥熱、津液の不足により便秘がおこり、寒湿や湿熱が下注すると泥状便や下痢となります。

続きを読む

膀胱の病症
,

膀胱の病症 膀胱の生理作用は尿を貯蔵してそれを排泄するという機能です。 そのため膀胱の病症は主として排尿の異常となってあらわれます。 腎の陽気が不足したために膀胱の気化機能が低下すると排尿不利または尿閉となります。 また腎気不固により膀胱の固摂機能が低下すると、遺尿、尿失禁などがおこります。 膀胱に湿熱がこもると頻尿、尿意促迫、排尿痛、尿の混濁などがおこり、湿熱が長期にわたると結石を形成することもあります。

続きを読む

三焦の病症
,

三焦の病症 三焦は水穀の精微から得られた気を全身にいきわたらせて、水液代謝をととのえています。 そのため三焦が病むと栄養の消化吸収と分配、水液代謝に異常があらわれます。 上焦が病むと発汗障害が生じます。 中焦が病むと消化不良や胃腸内の水分停滞がおこります。 下焦が病むと尿閉、下腹部痛などの症状があらわれます。

続きを読む