五行の相乗関係

相乗の「乗」とは弱いものが強いものにしいたげられる意味があります。
五行では相克関係が異常に強くでてしまう状態です。
そして、この相乗関係となるのは次の二通りがあります。

ひとつめは克する「一行」自身が強くなりすぎて、克されている方が弱められることです。
たとえば、「木」は常に「土」を克していますが、この「木」が強くなりすぎてしまい、「土」を異常に克してしまい「土」の生成が不足することです。
これを「木乗土」といいます。

gogyo_mokuzyodo

ふたつめは克される「一行」自身が弱いため、「克我」される「一行」が相対的に増強されてしまうことです。
たとえば、「木」は常に「土」を克していますが、「土」自身が弱まったために、「木」が相対的に強くなり、「土」がさらに弱められてしまうことです。
これを「土虚木乗」といいます。

gogyo_dokyomokuzyo
LINEで送る