ヘッダー画像

気血津液 Category

気(き)
, , ,

気とは 気は初めて学ぶ者にとって悩ましい言葉のひとつです。 そしてその言葉の持つ意味を理解することが難しいため東洋医学が胡散臭く感じてしまうのかもしれません。 しかし、日本語には気という単語を使った言葉は多く存在します。 気が利く、気が置けない、気がつく、やる気がない、元気、殺気などなど よく使う言葉なのにその言葉に含まれている「気」については、あまり気にしていないのかもしれません。 ある程度西洋医学を学んでいる方なら、気は高エネルギーリン酸化合物であるATPであると認識してもらうと理解しやすいかと思います。 気の働き 推動作用 気にはすべての臓器・器官・組織の新陳代謝などを推し進める働きをもちます。 固摂作用 気は血、津液、精などを固摂し制御する作用があります。 たとえば、血が脈外へと漏れ出すことを防いだり、尿や汗、唾液などの分泌液の排泄を制御しています。 温煦作用 熱を産生し体を温める作用、そしてそれを保持する働きをもちます。 防御作用 疾病の原因から生体を守る作用をもちます。 気化作用 気化作用とは「化ける」の字のごとく、飲食物から気血津液などに変化させる作用です。 他にも津液が代謝を経て汗や尿へと転化させます。 気の種類 元気(原気) 元気(原気)とは両親から受け継いだ先天の精が変化生成したものです。 主な作用として食欲、性欲、その他生きるための欲求をみたらすための原動力であり、生命活動の源となるものです。 原気は中焦よりもたらせる後天の精気によって補給されます。 そしてその気は臍下丹田に集まり、三焦の働きによって経絡を介して全身をめぐります。 宗気(そうき) 宗気とは肺において後天の精と天の気が交わって、胸中に集まる気のことです。 宗気は五臓の心と肺と関係が深く、これらの臓の活動を支えています。 そのため宗気が不足すると呼吸の異常だったり、語声に力がなく、細くなったり、心の拍動が弱まったり、規律性を失ったりします。 営気(えいき) 営気とは後天の精から得られる陰性の気のことをいいます。 営気は津液を血に変化させて血とともに脈中を流れ、一日に人体を五十回めぐっています。 衛気(えき) 衛気とは後天の精から得られる陽性の気のことをいいます。 衛気は営気とは逆に脈外をすばやくめぐる気であり、とくに体表近くを通ります。 肌膚を温め、腠理を開闔し、外邪に対する防衛的な働きをします。 衛気は昼間に人体の体表部である陽の部分を二十五周し、夜間には体内である陰の部分を二十五周します。

続きを読む

血(けつ)
, , ,

血(けつ)とは脈中に流れる赤色の液状物をさすので、一般的に想像される血液とほぼ同じです。 血の素材は津液と営気であるため、その源は飲食物です。 脾胃からえられる後天の精から作られるので、脾胃の失調は血にも影響をあたえます。 血は営気とともに脈中を流れて四肢や臓腑を潤し、その働きを支えます。 血は昼間は必要に応じて脈中を流れ、全身をめぐり、知覚活動や四肢の動作や運動などの活動を円滑にさせますが、臥床時には肝に戻ります。 血は心、肝、脾と深い関係となっています。 心は血脈をつかさどるので血の循環や拍動と関係します。 肝は血を蔵するので、血量を各器官に適切な量を配分しています。 脾は統血をつかさどるので営気を介して血が脈外へもれないようにしています。また血の生成もおこなっています。

続きを読む

津液(しんえき)

津液とは「津」と「液」の2種類をあらわし、体内の水分をあらわしたものです。 津とは陽性の水分であり、粘り気がなくサラサラしています。主に体表部を潤し、体温調節をしています。 一方、液とは陰性の水分で、粘り気がありゆっくり体内を流れます。津とは逆に身体の深部である骨とか髄を潤し、体表部では目、鼻、口などの粘膜や皮膚を潤しています。

続きを読む

気血津液の生成
, , , , , , ,

ここでは食べ物から得られる地の陰気がどのようにして気血津液を生成していくか見ていきましょう。 口から得られた水穀は胃の作用で腐熟され、脾の作用により後天の精を作り出します。 その後、胃から小腸へと飲食物のかすが送られ、小腸で水分と固形分に分けられます。 水分は前にある膀胱へ滲み、固形分は後ろの大腸へと送られます。 膀胱では小腸からきた不要な水分と、全身を巡って気化作用によって集め貯えられ、やがて尿となって排泄されます。 一方、大腸では小腸から送られてきた飲食物のかすを転送、変化させ、糞便として肛門から排泄させます。     一方、大気から得られる天の陽気は肺の呼吸を通じて体内に入ります。 この天の陽気と脾胃の働きによって得られた地の陰気が合わさり、真気や水(津液)となります。     また両親から受け継いだ先天の精は五臓の腎にしまわれます。 そして、この精は後天の精により補給され、生きている間は枯渇することはありません。 この精が気に変化すると原気となり、臍下丹田に集まり、人体の基礎活力として働きます。     宗気は肺で後天の精と天の気が交わり胸中にあつまります。 そして、衛気は脈外へと巡り、営気と血は脈中を巡ります。 また津は体表部を潤し、液は骨髄などを潤します。

続きを読む

気の病症
,

気の病症 気の変調は「気の生成不足と消耗過多」、「気の機能減退」、「気の停滞」、「気の昇降出入の失調に分類される。 気の不足(気虚) 気の生成が不足したり、気の消耗が過多になることにより、気の不足(気虚)が起こります。 その原因として、先天の気が不足する場合、後天の気が補充されない、心身の疲労、房事の不節制、大病や長期間の病気などが挙げられます。 気虚の症状 気の働きである固摂作用が低下するため、血、津液などの流出が起こります。 例を挙げると、血であれば出血、汗であれば多汗、尿であれば多尿といった症状があらわれます。 また、気の昇挙作用が低下し「気陥」という状態となると内臓の高さを保つことができなくなるため、胃下垂、腎下垂、脱肛、子宮脱といった症状があらわれます。 気の停滞(気滞) 気の運行が滞ることを気滞といいます。 その原因として「五志の乱れ」、「外邪(寒邪、湿邪)の侵襲による経絡の渋滞」、「飲食物の摂取の不調和」、「痰や血などによる経絡の流注の阻害」、「打撲、捻挫による損傷」などがあります。 営気の運行の失調 経絡の運行が阻害されると関連する臓腑が正常に機能しなくなります。 寒邪による場合は痛みとなってあらわれ、また湿邪による場合は痺れや麻痺があらわれます。 衛気の運行の失調 衛気の供給が過多となると、体表での発汗が抑制されるため発熱や煩悶などの症状がしょうじます。 逆に供給が不足となると自汗や盗汗などの発汗が過多となり、体力の消耗をまねきます。 衛気は体表部で外邪の侵襲を防ぐ働きがあるので、衛気が不足すると外邪による疾病にかかりやすくなります。 また体表部での水分代謝がおちますので、浮腫みをおこします。 気の昇降出入の失調 臓腑、経絡などすべての組織器官はすべて気の昇降出入により、その平衡状態を保っています。

続きを読む

血の病症
,

血は主として営気と津液でつくられているため、血の過不足と運行の状態は営気と津液の生成に左右されます。 血の変調は血脈をつかさどる「心」、疏泄と蔵血をつかさどる「肝」、統血をつかさどる「脾」と深い関係にあります。 血の生成不足と消耗過多(血虚) 原因 飲食物の摂取不足による栄養失調。 脾胃の機能低下による消化吸収作用の低下。 情動の乱れによる変調。 過労、房事の不節制、慢性病による血の消耗。 病症 血が不足すると血の栄養と滋潤作用によって機能している臓腑、組織、器官に影響をあたえます。 体の感覚、運動機能の低下、視力減退、目眩、立ちくらみ、手足の無力感、心臓の拍動異常、健忘、不眠といった症状があらわれます。 血熱(けつねつ) 原因 精神的な抑鬱などの情動の変調や火邪、暑邪を受けたり、辛いもの、味の濃いものを多食することにより血の中に熱がこもり発生する。 症状 血熱となると血行が加速され、それが度を過ぎると脈外へとあふれてしまいます。 また、発熱、口渇、口苦、便秘、脈滑数などの熱症状が起こります。 血寒(けつかん) 原因 寒邪が侵襲したり寒性の飲食物を過度に摂取するとおこります。 症状 血寒となると血行が遅緩して、手足の厥冷や血瘀などがあらわれます。 血瘀(けつお) 原因 血瘀性の変調は寒性の変調が長引いたときや外傷による血の運行失調、また打撲や捻挫といった血の鬱滞が生じておこります。 症状 血瘀が生じると臓腑や経絡の流れを阻害するため、疼痛を生じます。 痛みの場所は一定となり、また増悪すると腫瘤が生じます。

続きを読む

津液の病症
,

津液の不足 津液の量が不足する病状のことで、津液の生成不足、消耗と発散の過多、排泄過多などによって生じます。 原因 生成不足の原因は飲食物の摂取不足、食べすぎなどの飲食の不節制、辛いものや熱いものを過度に摂取、情緒不安定、過労などによる脾胃の機能低下などによります。 消耗と発散の過多には過労、発熱による発汗過多、治療による発汗法、吐法、下法などの結果によるものなどがあります。 排泄過多には主として大小便の排泄過多で下痢や頻尿などによります。 症状 水分の減少となりますので、目、鼻、口唇の乾燥や毛髪の艶などがなくなります。 また皮膚の張りもなくなり、口渇、尿量の減少、便秘などが起こります。 津液の代謝と運行の失調 原因 津液の代謝と運行には肺、脾、腎、膀胱、三焦などの臓腑が作用していますので、これらの臓腑のどの生理機能が失調しても運行は妨げられます。 またこれらの臓器間の調和がなくなっても津液の運行は失調します。 病症 津液の代謝と運行が失調すると、皮膚と肌肉との間に津液が停滞して水腫を発生させます。 体内の余分な津液は代謝され尿として排泄されますが、この作用が失調すると水分が過多となります。 心悸亢進、呼吸困難、喘、下痢、関節の屈伸困難などを引き起こします。

続きを読む