ヘッダー画像

経絡 Category

経絡(けいらく)
,

経絡とは気血の運行する通路の通路のことで、人体を縦方向に走る経脈と、経脈から分支して身体各部に広く分布する絡脈を総称するものです。 経絡の機能 経絡は順に巡る臓腑や、皮肉筋骨などに気血をめぐらせて、人体の健全な生命活動を維持するものです。 経絡は気血の過不足や外邪の侵入などに応じて、疾病の生じるところとなります。 経絡は病態に応じて診断をするところであり、治療を施すところでもあります。 経絡の構成 経絡は体内で臓腑と連なる経脈を中心に、そこから枝分かれしている絡脈と、さらにそこから細かく分かれる孫脈(孫絡)とからなります。 通常、経脈は皮下の深いところをめぐっているので、外から見ることはできませんが、絡脈や孫脈は体表にもあらわれます。 十二経脈の走行 十二経脈には三陰三陽の名前がついており、この表裏関係にあるもの同士は親和性が強くなっています。 具体的には太陰と陽明、少陰と太陽、厥陰と少陽の組み合わせです。 さらに手足の同陰、同陽同士も緊密な関係となります。 十二経脈を気血のめぐる順番は、まず中焦からはじまり、手の太陰肺経、手の陽明大腸経と順次各経脈をめぐって、再び中焦から肺へという循環を繰り返します。

続きを読む

厥陰肝経
, , ,

厥陰肝経 足の第1指爪甲根部外側(大敦穴)に起こり、足背を通り中封穴に抵る。 ついで脛骨前面を上り、大腿内側を循って陰部に入り、生殖器を循ったのち下腹に入り期門穴へ上り、胃を挾んで肝に属し、日月穴の部で胆を絡う。 さらに横隔膜を貫いて側胸部に散布し、気管、喉頭の後を循り咽頭に出て、眼球のあたりに達し頭頂に出る。 その支なるものは、眼球のあたりから頬に出て唇を循る。 別の支なるものは、肝から分かれて横隔膜を貫き肺に注ぎ、下行して中焦に至り、手の太陰肺経に連なる。

続きを読む

少陽胆経
, , ,

少陽胆経 外眼角(瞳子髎穴)に起こり、上って側頭部に抵り、耳の後に下り、頚を循ったのち、肩に上る。大椎穴で左右が交わり、肩を循ったのち缺盆穴に入る。 その支なるものは耳後より耳中に入り、耳前に出て目じりに至る。 その支なるものは外眼角より別れて大迎穴に下り、頬に上り、手の少陽三焦経に合し、下って下顎角へ行き、ついで缺盆穴の先のものと合する。 缺盆穴から胸中に下り、横隔膜を貫いて肝を絡い胆に属する。 その直なるものは肩から側胸部、季肋部を循り、別支は胆に属したのち脇を循り、鼠径部の気衝穴に入り、ともに股関節のあたりに入り合する。 股関節のあたりから大腿および下腿の外側を下り、足の第4指の末端に終わる。 その支なるものは足背から分かれて母指に行き、足の厥陰肝経に連なる。

続きを読む

少陽三焦経
, , ,

少陽三焦経 手の薬指の端(関衝穴)に起こり、手背より前腕背側の中央を上って、肘を貫き肘後(天井穴)に出て上腕後外側を循り肩に上る。 肩井穴で足の少陽胆経と交わり、鎖骨上窩(缺盆穴)に入り、下って膻中穴で左右が交わったのち、散布して心包を絡い、横隔膜を下って三焦に属する。 その支なるものは、膻中穴から鎖骨上窩(缺盆穴)に出て、項を上って耳の後(翳風穴)に達し、一つは耳の上(角孫穴)から額角に出て内眥から頬に行き、別の支なるものは、翳風穴から耳中に入り耳前に出て、頬を経て外眼角のあたりに終わり、足の少陽胆経に連なる。

続きを読む

厥陰心包経
, , ,

厥陰心包経 胸中で足少陰腎経の脈気を受けて起こり、心包に属し、横隔膜を下って上脘穴、中脘穴、陰交穴の部で三焦を歴絡する。その支なるものは、胸を循って腋下に出て、上腕内側の肺経と心経の間を行き、肘関節(曲沢穴)に入る。前腕内側の中央を行き掌中(労宮穴)に入り、中指の端(中衝穴)に出る。その支なるものは、掌中より別れて薬指の端(関衝穴)に出て手の少陽三焦経に連なる。

続きを読む

少陰腎経
, , ,

少陰腎経 足の第5指外側より脈気を受け、足底の湧泉穴を通って足の内果の後を循り、太谿穴より別れて踵の中に入り、下腿内側を上り、膝窩の内側(陰谷穴)に出て大腿内側を上り、脊を貫いて長強穴に会し、前に出て盲兪穴まで上り、腎に属し膀胱を絡う。 その直行するものは、腎より上って、肝、横隔膜を貫いて肺に入り、喉嚨を循って舌本を挾む。 その支なるものは、肺を出て心を絡い胸中に注ぎ、手の厥陰心包経に連なる。

続きを読む

太陽膀胱経
, , ,

太陽膀胱経 内眼角(睛明穴)に起こり、額に上り百会穴で左右が交わる。 その支なるものは百会穴より耳の上角に至る。 直行するものは、百会穴より頭蓋内に入り脳を絡い、還り出て項に下り、肩を循り、脊柱を挟んで腰中に抵り腎を絡い膀胱に属する。 その支なるものは、腰中を下って脊を挾み、臀を貫き膕中(委中穴)に入る。 その支なるものは、肩から左右に別れ、背の最も外側を通り、臀部の外側および大腿外側を通って委中穴において先の支別と合する。 ついで委中穴から下腿後側を通り外果の後に出て足の外側を循り、足の第5指外側(至陰穴)に終わり、足の少陰腎経に連なる。

続きを読む

太陽小腸経
, , ,

太陽小腸経 小指末端(少沢穴)に起こり、手の尺側(前谷穴、後谿穴)を循り、手関節を経て前腕尺側を上行して肘関節(小海穴)に至り、上腕後内側より肩の後から肩甲を循り大椎穴で左右が交わる。 ついで缺盆穴に入り心を絡い、横隔膜を下り、胃に抵り、小腸に属す。 その支なるものは缺盆穴から別れて頚を循り、頬に上り外眼角(瞳子髎)から耳中に入る。 またその支なるものは、頬から別れて鼻から内眼角(睛明穴)に行き、足の太陽膀胱経に連なる。

続きを読む

少陰心経
, , ,

少陰心経 心中に起こり、心系に属し、横隔膜を下って小腸を絡う。その支なるものは心系より上行して咽を挟み目につながる。 直行するものは、心系より却って肺に上り、下って腋下に出て上腕内側を下り、肘の内側(少海穴)に出て、前腕内側を通って手関節内側の豆状骨上際(神門穴)を経て、小指の末端橈側に終わり、手の太陽小腸経に連なる。

続きを読む

太陰脾経
, , ,

太陰脾経 足の第1指内端(隠白穴)に起こり、第1指内側白肉際(大都穴)を循り、内果の前廉に上り、脛骨後縁に沿って膝内側に上り、大腿骨内側を上り鼠径部の衝門穴より腹に入り、府舎穴から中極穴、関元穴で任脈と会し、ついで本経の腹結穴、大横穴、腹哀穴を経て腹中に入り、中脘穴、下脘穴の際にいたって脾に属し胃を絡う。 さらに横隔膜を貫いて胸部に上り、咽頭より舌根に連なり舌下に散じる。 また、その支なるものは、中脘穴より別れて横隔膜を貫き心中に注ぎ、手の少陰心経に連なる。

続きを読む

陽明大腸経
, , ,

陽明大腸経 示指末端(商陽穴)に起こり、示指の橈側白肉際を循り、第1中手骨と第2中手骨の間に出て、橈骨に沿って上り、肘窩横紋の外端(曲池穴)に入る。 上腕の外側を上行して、肩峰突起の外端の肩髃穴に至り、巨骨穴を過ぎ、大椎穴に至って諸経と会する。 大椎穴より下って鎖骨上窩(缺盆穴)を経て下行し、肺を絡い、下って膈を貫き大腸に属する。 その支なるものは鎖骨上窩(缺盆穴)より別れて頚部に上り、頬を貫いて下歯中に入り、還り出て左右に別れて口を挟み、鼻下の人中に交わり、左は右に、右は左に行き、即ち、左右交叉して、鼻孔を挟んで鼻翼両側(迎香穴)に終わる。 ついで足の陽明胃経に連なる。

続きを読む

陽明胃経
, , ,

陽明胃経 鼻根に起こり下って鼻の外(承泣穴、四白穴、巨髎穴)を循り、上歯の中に入り、還り出て唇を循り、下って承漿穴で左右が交わる。 ついで下顎下縁を循り大迎穴から頬車穴を循り、耳前に上り客主人穴を過ぎ、側頭髪際を循り額顱に至る。 その支なるものは、大迎穴の前より人迎穴に下り、喉嚨を循り缺盆穴に入り、膈を下って胃に属し脾を絡う。 その直行するものは、缺盆穴より乳の内廉に下り、下って臍を挾み気衝穴に入る。 その支なるものは、胃口の下に起こり、腹中を循り下って気衝穴に合す。 気衝穴から大腿前外側を下り、膝関節を循り、下腿前外側を下り先の本経に合する。 その支なるものは、衝陽穴から別れて第1指に至り、足の太陰脾経に連なる。

続きを読む

太陰肺経
, , ,

太陰肺経 中焦(中脘)に起こり、下って水分穴で大腸を絡い、還って胃口を循り、膈を上って肺に属する。 ついで気管、喉頭を循り、横に腋下に出て上腕内側を循り、少陰・心主の前を行き肘窩(尺沢穴)に下る。 前腕の前面橈側を循って橈骨動脈拍動部に入り、母指球より母指末端に終わる。 その支なるものは、手関節の上(列缺穴)より示指の末端に入り手の陽明大腸経に連なる。

続きを読む

督脈(とくみゃく)
, ,

督脈(とくみゃく) 下極の兪即ち両陰の間に起こり、長強を経て脊裏に並んで上り、風府に至り脳に入る。 巓(百会)に上り額を循り鼻柱に至り、齦交穴に終わる。 陽脈の海に属す。

続きを読む

任脈(にんみゃく)
, ,

任脈(にんみゃく) 胞中に起こり、会陰穴に出て毛際に上り、曲骨穴を循り、中極穴から腹裏を循り関元穴に上り、胸腹部の正中線を上行して諸穴を経て喉嚨に至り、承漿穴から下唇を循り、口角を循って齦交穴に抵って督脈と会し、鼻翼の外方から承泣に至り、目に入る。 陰脈の海に属す。

続きを読む

帯脈(たいみゃく)

帯脈(たいみゃく) 帯脈は季脅に起こり、足の厥陰、章門穴と足の少陽、帯脈穴を循り、身を囲して一周して束帯然の如し、また五枢穴、維道穴で足の少陽と会す。 章門 → 帯脈 → 五枢 → 維道 →

続きを読む

陰蹻脈(いんきょうみゃく)
,

陰蹻脈(いんきょうみゃく) 足の少陰の別脈、その脈、眼中に起こり、足の少陰の然谷穴の後、同じく内果の下、足の少陰の照海穴を循り、上って内果の上2寸、交信穴を以って郄と為す。 直上して陰股を循り、陰上に入り、胸裡を循って缺盆に入り、上って人迎穴の前に出、咽嚨に至り衝脈を交貫し鳩の内廉に入る。 上行して内眥に属し、手、足の太陽、足の陽明、陽蹻の五脈と睛明穴で会す。 然谷 → 照海 → 交信 → 睛明

続きを読む

陽蹻脈(ようきょうみゃく)
,

陽蹻脈(ようきょうみゃく) 足の太陽の別脈、その脈、踝中に起こり、外果の下、足の太陽の申脈穴に出、外果の後循って僕参穴を本と為す。 上って外果の上3寸、跗陽穴を以って郄と為す。 直下して股の外廉を循り脅(腋下より肋骨尽くるところ)の後、上腕の内側を循り、臑兪穴にして手の太陽と陽維とに会す。 肩の外廉を上行し、巨骨穴で手の陽明、肩髃穴で手の陽明、少陽と会す。 人迎を上り、口吻を挾み、地倉穴で手足の陽明と任脈に会す。 足の陽明を上り、巨髎穴に行く。 また承泣穴にて任脈と会し、目の内眥に至って手足の太陽、足の陽明、陰蹻五脈と睛明穴に会す。 睛明穴より上行して髪際に入り、耳の後を下り、風池穴に入って終わる。 申脈 → 僕参 → 跗陽 → 居髎 → 臑兪 → 巨骨 → 肩髃 → 地倉 → 巨髎 → 承泣 → 睛明 → 風池

続きを読む

陰維脈(いんいみゃく)
,

陰維脈(いんいみゃく) 諸陰の交に起こる。 足の少陰の築賓穴に発する。 陰維の郄穴と為す。 内果の上5寸、腨肉分中にあり、上って股の内廉を循り、上行して小腹に入る。 府舎穴で足の太陰、厥陰、少陰、陽明と会す。 上って大横穴、腹哀穴で足の太陰と会し、脅肋を循って期門穴で、足の厥陰と会す。 胸膈を貫き咽に上り、天突穴、廉泉穴で任脈と会し、上って頂前に至って終わる。 築賓 → 衝門 → 府舎 → 大横 → 腹哀 → 期門 → 天突 → 廉泉

続きを読む

陽維脈(よういみゃく)
,

陽維脈(よういみゃく) 諸陽の会に起こる。その脈、足の太陽の金門穴に発す。 外果の下1寸5分に存り、外果の上、7寸に上り足の少陽、陽交穴に会す。 陽維の郄と為す。 膝の外廉を循り、髀厭を上り、少腹側に抵り居髎穴にて足の少陽と会す。 脅肋を斜め上に循り、肘の上の臂臑穴にて手の陽明、手、足の太陽と会する。 肩の前を過ぎ、臑兪穴、天髎穴で手、足の少陽と会す。 却って肩井穴で手、足の少陽、足の陽明と会す。 肩の後に入り、手の太陽、陽蹻脈と臑兪に会す。 上りて耳の後を循り、風池穴で手、足の少陽と会す。 脳空穴、承霊穴、正営穴、目窓穴、頭臨泣穴を上り、額に下り、陽白穴で手、足の少陽、手、足の陽明の五脈と会す。 頭を循って耳に入り、上って本神穴に止る。 金門 → 陽輔 → 陽交 → 臂臑 → 天髎 → 臑兪 → 風池 → 瘂門 → 風府 → 脳空 → 承霊 → 正営 → 目窓 → 頭臨泣 → 陽白 → 本神

続きを読む