少陽三焦経

手の薬指の端(関衝穴)に起こり、手背より前腕背側の中央を上って、肘を貫き肘後(天井穴)に出て上腕後外側を循り肩に上る。
肩井穴で足の少陽胆経と交わり、鎖骨上窩(缺盆穴)に入り、下って膻中穴で左右が交わったのち、散布して心包を絡い、横隔膜を下って三焦に属する。
その支なるものは、膻中穴から鎖骨上窩(缺盆穴)に出て、項を上って耳の後(翳風穴)に達し、一つは耳の上(角孫穴)から額角に出て内眥から頬に行き、別の支なるものは、翳風穴から耳中に入り耳前に出て、頬を経て外眼角のあたりに終わり、足の少陽胆経に連なる。

 経穴よみ要穴
TE1関衝かんしょう井金穴
TE2液門えきもん滎水穴
TE3中渚ちゅうしょ兪木穴
TE4陽池ようち原穴
TE5外関がいかん絡穴
TE6支溝しこう経火穴
TE7会宗えそう郄穴
TE8三陽絡さんようらく
TE9四瀆しとく
TE10天井てんせい合土穴
TE11清冷淵せいれいえん
TE12消濼しょうれき
TE13臑会じゅえ
TE14肩髎けんりょう
TE15天髎てんりょう
TE16天牖てんよう
TE17翳風えいふう
TE18瘈脈けいみゃく
TE19顱息ろそく
TE20角孫かくそん
TE21耳門じもん
TE22和髎わりょう
TE23絲竹空しちくくう

手の少陽三焦経 Triple Energizer Meridian(23穴)

LINEで送る