太陰脾経

足の第1指内端(隠白穴)に起こり、第1指内側白肉際(大都穴)を循り、内果の前廉に上り、脛骨後縁に沿って膝内側に上り、大腿骨内側を上り鼠径部の衝門穴より腹に入り、府舎穴から中極穴、関元穴で任脈と会し、ついで本経の腹結穴、大横穴、腹哀穴を経て腹中に入り、中脘穴、下脘穴の際にいたって脾に属し胃を絡う。
さらに横隔膜を貫いて胸部に上り、咽頭より舌根に連なり舌下に散じる。

また、その支なるものは、中脘穴より別れて横隔膜を貫き心中に注ぎ、手の少陰心経に連なる。

 経穴よみ要穴
SP1隠白いんぱく井木穴
SP2大都だいと榮火穴
SP3太白たいはく兪土穴、原穴
SP4公孫こうそん絡穴
SP5商丘しょうきゅう経金穴
SP6三陰交さんいんこう
SP7漏谷ろうこく
SP8地機ちき郄穴
SP9陰陵泉いんりょうせん合水穴
SP10血海けっかい
SP11箕門きもん
SP12衝門しょうもん
SP13府舎ふしゃ
SP14腹結ふくけつ
SP15大横だいおう
SP16腹哀ふくあい
SP17食竇しょくとく
SP18天谿てんけい
SP19胸郷きょうきょう
SP20周栄しゅうえい
SP21大包だいほう

足の太陰脾経(Spleen Meridian SP 21穴)

LINEで送る