厥陰肝経

足の第1指爪甲根部外側(大敦穴)に起こり、足背を通り中封穴に抵る。
ついで脛骨前面を上り、大腿内側を循って陰部に入り、生殖器を循ったのち下腹に入り期門穴へ上り、胃を挾んで肝に属し、日月穴の部で胆を絡う。
さらに横隔膜を貫いて側胸部に散布し、気管、喉頭の後を循り咽頭に出て、眼球のあたりに達し頭頂に出る。

その支なるものは、眼球のあたりから頬に出て唇を循る。
別の支なるものは、肝から分かれて横隔膜を貫き肺に注ぎ、下行して中焦に至り、手の太陰肺経に連なる。

 経穴よみ要穴
LR1大敦だいとん井木穴
LR2行間こうかん榮火穴
LR3太衝たいしょう兪土穴、原穴
LR4中封ちゅうほう経金穴
LR5蠡溝れいこう絡穴
LR6中都ちゅうと郄穴
LR7膝関しつかん
LR8曲泉きょくせん合水穴
LR9陰包いんぽう
LR10足五里あしごり
LR11陰廉いんれん
LR12急脈きゅうみゃく
LR13章門しょうもん募穴(脾)、臓会
LR14期門きもん募穴(肝)

足の厥陰肝経(Liver Meridian LR 14穴)

LINEで送る