肝(かん)

肝は魂を蔵し、精神活動を主る。

「将軍の官」

肝は血を蔵し、筋を主る。

肝は血液の貯蔵庫として働き、全身の血液配分をおこなう。

肝は目に開窮する。

肝は目を通して外界と交流する。

肝の液は涙である。

肝の働きが正常である時は目をほど良く潤すことができる。

LINEで送る