腎(じん)

腎は精を蔵し、生命力の根源である原気をもたらす。

腎は「作強の官」とよばれます。

腎は津液をつかさどり、全身の水分代謝を調節します。

不要となった津液を集めて処理をする働きがあります。

腎は骨をつかさどり、その状態は髪に反映します。

腎は髄を生育するので骨に栄養を与えます。また腎が正常であると髪が黒々とし、艶やかとなります。

腎は耳と二陰に開窮する。

腎は耳を通して外界と交流しています。そのため老化で腎が衰えると難聴や耳鳴りとなってあらわれます。また水分を調節しているので腎の異常は二陰(前陰は小便口、後陰は大便口)、大小便の異常となります。

腎の液は唾である。

腎は歯牙を支配しています。そこから染み出す液が唾となります。

腎は納気を主る。

LINEで送る