脾(ひ)

脾は営を蔵し、後天の本となる。

胃と共に「倉廩の官」と呼ばれ、飲食物の消化、吸収を主り後天の精を取り出します。

脾は肌肉を主る。

脾は営気を身体のすみずみまでいきわたらせる。その中でも特に肌肉に営気を与え張りを保たせます。

脾は口に開窮する。

脾は口に開窮し、その状態は唇に反映します。そのため唇の状態は脾の強弱をあらわします。

脾の液は涎である。

脾の働きが正常である時は口をほど良く潤すことができ、この涎は胃の消化を助けます。

LINEで送る