絡穴(らくけつ)

絡穴(らくけつ)とは、疾病の際に反応がよく現れるところです。
表裏の経を同時に治療したり、腑病・慢性疾患に効果があるとされています。
本経とその表裏関係にある経絡を連絡する働きをもちます。
原穴を組み合わせることにより、治療効果を挙げるとされています。
例えば大腸経の合谷と肺経の列缺を組み合わせると外感の咳嗽に効果があります。

陰経
絡穴
陽経
絡穴
手の太陰肺経
列缺
手の陽明大腸経
偏歴
手の少陰心経
通里
手の太陽小腸経
支正
手の厥陰心包経
内関
手の少陽三焦経
外関
足の太陰脾経
公孫
足の陽明胃経
豊隆
足の少陰腎経
大鐘
足の太陽膀胱経
飛揚
足の厥陰肝経
蠡溝
足の少陽胆経
光明
奇経
絡穴
脾の大絡
絡穴

任脈

鳩尾

足の太陰脾経

大包

督脈

長強
LINEで送る