月経

女性は男性と異なり、月経、帯下、妊娠、出産などの生理現象があります。
たとえ一般の疾病を患っている場合でも、女性には既婚か未婚か、妊娠しているかどうか、出産の経験があるかなどをたずねる必要があります。
また月経、帯下については、過去の状況や現在の状況をしっかりたずねる必要があります。
月経については、月経の周期、日数、月経血の量・色・質およびそれにともなう症状をたずねます。
また必要に応じて、最終月経の期日、初経や閉経の年齢をたずねます。

月経周期(経期)

月経先期
周期が8~9日以上早まるものをさします。
熱証、気虚などでみられます。
月経後期
周期が8~9日以上送れるものをさします。
寒証、気滞、血瘀などでみられます。
前後不定期
周期が乱れ、不定期なものをさします。
肝鬱、脾腎両虚、血瘀などにみられます。

月経血の量(経量)

経量過多
血熱、気虚などでみられます。
軽量減少
血虚、寒証、血瘀などでみられます。
閉経
月経の停止が三ヶ月を超えて、かつ妊娠していないものをさします。
血虚、血瘀、寒証などでみられます。

月経血の色と性状(経色、経質)

正常な月経血は紅であり、経質は薄くもなければ濃くもなく、血塊がない状態です。
深紅色で経質の希薄なもの
虚証でよくみられます。
深紅色で経質の濃いもの
血熱、実証でよくみられます。
紫暗色、または暗紅色で血塊があるもの
寒証、血瘀でよくみられます。

月経痛

月経前または月経中に小腹部に脹痛が起こるもの
気滞血瘀でよくみられます。
小腹部に冷痛があり、温めると痛みが軽減するもの
寒証でよくみられます。
月経中または月経後に小腹部に隠痛があり、腰がだるく痛むもの
気血両虚でよくみられます。

帯下

こしけ(おりもの)のことです。
帯下の色が白色で希薄なものは、虚証や寒証のものが多くあります。
逆に黄色や赤色で、濃くて臭いものは実証で熱証のものが多くあります。

LINEで送る