燥邪(そうじゃ)

燥邪は陽性の邪気で、口や鼻から侵入して肺を犯すことが多い。

燥は乾燥させる働きがあるため津液を損傷しやすい。

燥邪が体内に入ると津液を消耗するので、さまざまな場所で乾きの症状がでます。

燥は肺を傷つけやすい。

肺は湿を好むため燥を嫌う性質があります。そのため痰がでなくなる、もしくは粘り気のある痰が生じます。

LINEで送る